インド

ジャイプールにある王宮「シティ・パレス」で優雅なひととき♡ロイヤルパレスツアーも

ジャイプールの観光スポット「シティ・パレス」。

実は、「シティ・パレス」の見学には大きく分けて2種類の楽しみ方があります。

シティ・パレスでたくさん写真を撮りたい方は必見……!

知らなければ現地であたふたすることになるかもしれません。

シティ・パレスへ訪れる前にぜひ熟読してみてください◎

ジャイプールにあるシティ・パレスって?

シティ・パレスは、マハラジャ(インドの王族)が現在も住んでいる宮殿です。

住居ながら、一部は博物館になっており、代々の衣装や武器が陳列されていて当時の暮らしを垣間見ることができます。

ジャイプール1高い?シティ・パレスの料金

まずは、上記の窓口で、チケットを購入。

シティ・パレスの料金は、シティパレス内だけであれば700ルピー(約1100円)です。

また、値段はグンっとあがりますが、インスタでよく見る青い部屋も見学したいのであれば、ロイヤル・パレス・ツアー3500ルピー(約5400円)のチケットが必要になります。

ロイヤル・パレス・ツアーで撮れる写真たち

 

土屋香奈
土屋香奈
遊園地の入場券みたい……。高すぎ~!

インドで3500ルピーというと、かなりお高め。

タージマハルよりも高い……。

事前知識がなかった私たちは最初、海外特有のぼったくりや騙されているのかと思ったほど。

シティパレス
マハラジャの宮殿の一部として博物館を公開

ロイヤル・パレス・ツアー
マハラジャが住んでいるプライベートルームの見学が可能

ややこしいのですが、シティ・パレスとロイヤル・パレスは別物なので要注意!

土屋香奈
土屋香奈
写真がお目当ての方は、基本的にロイヤル・パレス・ツアーがおすすめ。

 

ジャイプールにあるシティ・パレスの見所

シティ・パレスの中庭に一面に広がる、ピンクの壁は、写真スポットとしても大人気。

ちょっとくすんだ色味がたまりません……♡

ディワニ・カース

壁のない開放的な作りのディワニ・カース。

ピンクと白の柱とアーチには、かわいさが詰まっています……♡

ディワニ・カースの壁も、乙女心くすぐるかわいさ♡

チャンドラ・マハールの中庭

現在も王族が住んでいるチャンドラ・マハールが望める中庭は観光客に大人気……♡

大人気な理由は、インスタでもよくみかける4つの門がとにかく美しいから♡

写真スポットとして、世界各国から観光客が集まっていました。

4つのゲートは、ピーコックゲート、ロータスゲート、レヘリヤゲート、ローズゲートと呼ばれ、春夏秋冬を表現しているのだとか。

中でも最も美しいと言われているのが、▼こちらの孔雀の門。

立体的で美しい孔雀は、思わずうっとり……♡

シティ・パレスのロイヤル・パレス・ツアーの見所

ここからは、ロイヤル・パレス・ツアーに参加しなければ立ち寄れないお部屋をご紹介。

ロイヤル・パレス・ツアーって?

ロイヤル・パレスは、シティ・パレスの奥にある、マハラジャたちが今も住んでいる場所。

3500ルピー(約5400円)というお高めのお金を出せば、マハラジャのプライベート空間を実際に見学できるのが、ロイヤル・パレス・ツアーです。

ロイヤル・パレス・ツアーに含まれるもの

  • 公式の宮殿ガイド
  • 軽食(ドリンク)

これまた知らずに最初は警戒したのですが、ロイヤルパレスツアーには、公式の宮殿ガイドが1人つきます

チップも不要で案内してくれるので、心配せずにガイドさんについて行きましょう◎

(ちなみにガイドは英語ガイドです。)

ショバ・二ワス(SHOBHA NIWAS)

ショバ・二ワスは、金の柱とパネルが全面に敷かれた大理石のインテリアで作られているのだそう。

部屋全体は花をテーマにしており、壁と天井全体に赤と緑の色の石が花に刻まれています。

この部屋の真っ赤なベルベットの床の席は、どうやらフォトスポットのよう。

ガイドさんが”ここに座れ”と指示し写真をパシャパシャ撮ってくれました。

チャヴィ・ニワス(Chhavi Nivas)

インスタでよく見かける写真がこちら。

白と青が爽やかなチャヴィ・ニワスは、モンスーンの雨を楽しむために使用されたのだとか。

ランマン・ディール

壁と天井全体に小さな鏡が散りばめられたお部屋、ランマン・ディール。

数分に1度、部屋の照明をすべて消し、ろうそくを灯して、1本のろうそくの光の中でも部屋がどれほど美しく照らされているかを見せてくれます。

きらきらと輝く天井の様子は、暗闇の中で宝石を見つけたような気分に♡

(これはぜひ直接目で見てほしい……!)

明るいときでも十分綺麗ですが……

暗闇で見ると、また違った顔をのぞかせるステンドグラスは、幻想的。

無料のティータイム

ロイヤル・パレス・ツアーに参加すると、途中で飲み物と軽食をいただけます♪

飲み物は、ジュースや紅茶、チャイ、コーヒーなどから選択可能◎

せっかくのインド旅なので、私たちはチャイをいただきました。

クッキーも甘くておししく、あっという間にぺろり!笑

シティ・パレスで王宮気分を味わおう!

シティ・パレスへ訪れるならば、ぜひロイヤル・パレス・ツアーに参加することをおすすめします。

”これぞ王宮”といったような豪華絢爛なお部屋は、お姫様気分にさせてくれる夢のような場所。

お財布的には痛手ですが、訪れてみる価値ありです◎

シティ・パレス
住所:Tulsi Marg, Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002 インド
料金:シティ・パレス:700ルピー
ロイヤル・パレス・ツアー:3500ルピー
(VISAカード払い可能)
営業時間:9:30-17:00

RELATED POST
スペイン

女子旅でマドリードへ♡女子同士で訪れたいフォトジェニックスポットやカフェを徹底解説

2019年11月23日
女子旅専門!トラベルフォトライター 土屋香奈
今回マドリードを訪れたのは スペイン周遊ツアーの終着地点だったから。 スペインには興味あったけど、 マドリードには興味がなかった私 …
error: Content is protected !!